太陽光発電のメリット・デメリット

MENU

 

太陽光パネルに関心を持ってるけど、何から手を付けていいのかわからない。高い買い物だから失敗したくない。そんなあなたにおすすめなのが『グリーンエネルギーナビ』一括見積もりサービスです。グリナビは最大5社から見積りが来て設置費用の相場を比較できるから”安心”できます。自分の家に合った施工業者選びができます。ただの一括見積もりではない、家族にやさしいサービスなのです。


家庭用ソーラーパネルのメリット・デメリットとは

 

私が家庭用ソーラーパネルを導入する前に調べたメリット・デメリットを紹介します。
これを調べるだけでも、結構な時間が掛かりました。ご参考になれば幸いです。

 

 

一般家庭において太陽光発電を導入する際のメリット

 

日中に家庭内の電力を太陽光発電でまかなうことにより、電気代の大幅な削減につながる

   オール電化を組み合わせることにより電気代はさらにお得になりそう

 

万が一、停電になってしまっても、太陽が出ていれば電気が使えますので安心

 

太陽光発電により作られた電力は、家庭内で使い切れなければ電力会社が買い取る

   それによって売電収入が得られる

 

 

 

一般家庭において太陽光発電を導入する際のデメリット

 

太陽光発電の設置価格は、通常家電と違い工事費や保証費用も加わるため高額

 

太陽光発電というだけあり、天候や、季節などに左右されるので、安定した発電量が得られない場合がある

 

 

 

以上がメリット・デメリットですね。

 

 

 

これらを踏まえた上で、太陽光発電を導入するべきなのかという判断をします。

 

私自身、メリットの中にある『太陽光発電によって売電収入が得られる
この部分にすごく興味が沸いてきました。

 

 

他の人の事例では、太陽光発電の設置費用を売電収入でまかなえてしまうところもあると聞きました。
国も力を入れているみたいだし、双方を比較してメリットに魅力を感じる人も少なくないと
思うようになったのです。

 

メリット・デメリット以外の重要な要素とは

 

最終的な判断には次の要素も入りました。
売電収入で設置費用を回収できるという点です。

 

 

太陽光発電の費用をローンで返済した場合を考えます。

 

例えば、月々のローンが15,000円かかったとした時に、売電収入が10,000円あったとします。
昼間の電気代が太陽光発電によりまかなえることによって、
太陽光発電を設置する前と比べて5,000円安くなったとします。

 

 

今までと変わらない生活を送りながら太陽光発電を設置できるのです。

 

 

更に、ローンを払い終えた後には、
今までローンに当てていた金額が、収入として家計にプラスされてくるのです。

 

 

それを、現金一括で購入できるなら更にお得だと思います。
先行投資にはなりますが、ローンの金利がない分早く元を取ることができます。

 

このように太陽光発電システムは、ゆくゆくは収入につながる”投資”といえます。

 

 

問題は、今の場所が発電に適した場所なのか、設置条件が悪くないのか
そこを調べる必要があると思いました。

 

 

そこで、もう一度頭の中の整理を含め、
設置費用の回収の計算と利回りについて詳しく調べてみます。