シャープの太陽光パネルで4KWを導入

MENU

シャープの太陽光パネルはすごく使いやすい!

僕の購入した太陽光パネルは、「シャープ」です。容量は4kWで費用は230万でした。

 

 

シャープの太陽光パネルの特徴は、「発電」と「消費」と「売電」がひと目でわかったり、

 

「発電量ベスト5」がひと目でわかったり、

 

「発電開始からの積算発電量」がひと目でわかるところですね。

 

やっぱり、毎日チェックするものなので、ひと目でわかるというのは、
とても使いやすいと思います。

 

もちろん、時間ごとの発電量だったり、日毎の発電量も出ますので、
気になる日や発電量の多い日なんかもあとで見直すことができるんです。

 

1kWあたりの費用の相場をしっかり抑えよう

僕の場合、見積もり比較ばっかり気にしていたので、相場というのを気にしていませんでした。

 

身内にお願いしていたので、任せっぱなしにしていたことも悪いのですが、
あとで振り返ると、「1kWあたりの費用」が高くなっていることに気づいたのです。

 

見積もり比較はもちろん必要なのですが、相場を知った上で行う方が、
より安く費用を抑えることができます。

 

今思えば、1kWあたりの費用が、57.5万円とかなりボッタくられた感があります(´;ω;`)

 

費用の相場としては、1kWあたりの費用の相場は、30万から35万だそうです。
この相場を知らないとあとで僕みたいに痛い目に合うということですね。
十分な価格見積もり比較を行い、相場を知った上で検討するようにして下さい。

 

設置費用のコスト削減の記事を見る

 

 

売電収入は年間平均14,5万ですね

とは言っても、4kWの容量でパネルが付けば、それだけで売電収入の額はそこそこになります。
年間で平均して大体14、5万といったところでしょうか。

 

 

H23年 太陽光パネル導入前


もちろん、売電収入はゼロ円です。電気を使っただけ支払わなければなりません。

 

H24年(2月に導入)の売電収入


導入初年度の年間の売電収入は、13.7万ほどでした。
はじめての年ですので、どの時期が一番発電が多く、売電収入があるのかを詳しく見ていました。

 

 

H25年の売電収入


2年目に入り、年間の売電収入は、15万円ほどでした。
昨年は1月、2月が含まれていなかったので、その分が上乗せされた感じです。
もう少し、伸ばしていきたい感じですね。

 

 

H26年の売電収入


3年目に入り、年間の売電収入は、13.6万ほどでした。
昨年より売電額が落ちてしまいました。その年の天候にも左右されるのでしょうか。

 

 

導入して、3年経ちますが、平均して14、5万ほどが売電収入になっていると言えます。
設置費用が230万ほどですので、おおよそ15年くらいで費用回収できる見込みです。

 

ちょうど私が50歳あたりで費用回収でき、そこから利益に切り替わるということです。
子供がちょうど成人を迎える前ぐらいでしょうか。

 

そこから、利益になって年間で14万ほど副収入が入ってくるのですから、
悪くはないと思います。
早いうちに導入すればするほど、良いことがわかると思います。

 

 

それと、太陽光パネルは数百万という高額な費用がかかるため、
なるべく損をしないためにも、合い見積もりはとった方がいいと思います

 

数十万とか平気で安くなりますし、いろんな発見があって面白いですよ^^

太陽光パネルに関心を持ってるけど、何から手を付けていいのかわからない。高い買い物だから失敗したくない。そんなあなたにおすすめなのが『グリーンエネルギーナビ』一括見積もりサービスです。グリナビは最大5社から見積りが来て設置費用の相場を比較できるから”安心”できます。自分の家に合った施工業者選びができます。ただの一括見積もりではない、家族にやさしいサービスなのです。