売電収入で費用回収!利回り計算とは

MENU

 

太陽光パネルに関心を持ってるけど、何から手を付けていいのかわからない。高い買い物だから失敗したくない。そんなあなたにおすすめなのが『グリーンエネルギーナビ』一括見積もりサービスです。グリナビは最大5社から見積りが来て設置費用の相場を比較できるから”安心”できます。自分の家に合った施工業者選びができます。ただの一括見積もりではない、家族にやさしいサービスなのです。


費用回収と利回り計算とは?

 

太陽光発電を自宅に導入しようとすると、
ほとんどの場合、ローンを組んで費用を支払うことになります。

 

つまり、「ローンを組む」というリスクが伴うわけです。

 

ただこのリスクは、太陽光発電に関して言えば”低リスク”になります。
発生した費用そのままのリスクを背負うわけではありません。

 

それは、太陽光パネルで発電した電力を電力会社へ売ることによる
”売電収入”が入るからです。

 

 

また、国からの補助金制度もあり、
電力会社の買い取り価格は1KWあたり37円(2014年)が保障されているからですね。

 

 

なので検討されているのならば、できるだけ早く太陽光発電をご家庭に導入し、
確実な”投資”という視点で取り組まれた方が良いでしょう。

 

ここで売電収入に着目し、「費用回収の年数」や「利回り」といったことを
頭に入れておく必要があるのです。

 

ここを考えて太陽光パネル設置に関する打ち合わせを行うことで、
間違いのない、効果的な導入に繋がるのです。

 

 

太陽光発電の利回りとは?

 

利回りとは、一般的に不動産用語として使われますが、
簡単に言えば、投資した分の利益がどのくらいかということになります。

 

太陽光パネルで例えれば、

 

太陽光パネルの設置費用 ⇒ 投資
売電収入 ⇒ 利益

 

 

という構図になるわけです。

 

 

設置費用は安くはありませんので、売電収入によってプラスになるには
相応の年数がかかります。

 

ホントの意味での「利回り」はそのあと訪れてきます。

 

この10年後、15年後にやってくる売電収入こそが
太陽光発電を導入する”旨み”なのではないでしょうか。

 

導入前には、ぜひこの「利回り」までを視野に入れて検討してみてください。

 

 

もし、ここまでを読んでパネル設置を検討してみたいと思われた方は、
実際にご自宅の場所で電力がきちんと確保できるのかを調べてください。

 

私が行った作業は、かなり高精度は計算結果が得られます。