電力会社の買取価格はどうやって決まる?

MENU

 

太陽光パネルに関心を持ってるけど、何から手を付けていいのかわからない。高い買い物だから失敗したくない。そんなあなたにおすすめなのが『グリーンエネルギーナビ』一括見積もりサービスです。グリナビは最大5社から見積りが来て設置費用の相場を比較できるから”安心”できます。自分の家に合った施工業者選びができます。ただの一括見積もりではない、家族にやさしいサービスなのです。


電力会社の買取価格はどうやって決まる?

 

 

太陽光発電により発電した電力を、電力会社が買い取る価格(売電価格)は
固定価格買取制度」によって決められています。

 

 

太陽光発電はコストが高いため、なかなか普及をしていきませんでした。

 

そこで、太陽光発電を含む再生可能エネルギーの普及拡大を目的で、
2012年7月に電力会社は一定期間、
国が定める価格で電力を買い取るよう義務付けられたのが「固定価格買取制度」です。

 

 

私たちは、電気を使うと1KWhあたり約21円で電力会社から買取りをしておりますが、
電力会社は、1KWhあたり37円と高い金額で買い取るよう定められております。

 

太陽光発電を導入する最大のメリットは、
この「電力を安く買い、高く売る」ところではないでしょうか。

 

 

2009年度は、1KWhあたり48年で10年間と定められておりました。
この時には、太陽光発電を導入したいと考え始める方がとても増えました。

 

 

さらに国の補助金制度も後押しして、購入者が増大いたしました。
顧客の需要が増えれば、供給する方も増えていきます。

 

供給する方が増えると、おのずと価格競争が生まれます。
価格が安くなればさらに需要が増えていきます。

 

 

「固定価格買取制度」の目的のひとつは、
太陽光市場そのものが拡大していくことなんです。

 

 

さらにもう一つの理由として、太陽光発電の電力を買い取った時に、
その「買取料金」は当然電力会社が支払います。

 

太陽光発電の需要が増えればその分の負担も増えていきます。
電力会社の負担が大きくなれば、
当然「電気料金」として、私たち消費者の負担が増えていくことは目に見えております。

 

 

現実に私たちは電気料金を負担していますよね。
毎月送られてくる電力会社の明細を確認してみてください。

 

再エネ発電賦課金等』(電力会社によって名称が違います)が「買取料金」に当たります。
消費者全員の負担を増やすのか、
買い取り価格を下げることによって、負担を軽減させるのか、
どちらかなのです。

 

 

2009年以降の買取価格ですが、
2011年度には1KWhあたり42円で10年間、
さらに昨年2013年度は1KWhあたり38円で10年間と年々下がってきています。

 

しかし、電気料金の値上げという言葉は、よく聞かれると思います。
「買取価格」を下げないままであれば、
「電気料金」は必ず大幅な値上げをしていたことでしょう。

 

 

 

国が電力の買取価格を義務付けしている以上、
電力会社が電力を買い取る負担は大きくなるのです。

 

 

その負担を軽減するためには、
電気料金を値上げするしかなかったんですね。

 

 

こうやってバランスを見ながら、電力の買取価格は決められていたんですね。