マンション選びに太陽光発電は必要?

MENU

 

太陽光パネルに関心を持ってるけど、何から手を付けていいのかわからない。高い買い物だから失敗したくない。そんなあなたにおすすめなのが『グリーンエネルギーナビ』一括見積もりサービスです。グリナビは最大5社から見積りが来て設置費用の相場を比較できるから”安心”できます。自分の家に合った施工業者選びができます。ただの一括見積もりではない、家族にやさしいサービスなのです。


マンション選びに太陽光発電は効果ある?

 


マンションの上に太陽光発電を設置されているのを見たことがあるかと思います。
マンションの太陽光発電は、その建物の共用部分の電力を賄って、余った電力は電力会社が買い取り、売電収入は管理組合に還元して、管理費を安くするケースが多いようです。

 

また、余った電力を蓄電池に貯めて、夜の共用部分の電力に使用したり、停電などの非常時に使えるようにするというケースもあるようです。特に、東日本大震災以降は非常時に使える電気があるのは便利だと考えている人も少なくないと思います。

 

 

固定全量買取制度が導入されて以降は、発電した電力を全て売り、管理費を大幅に安くするケースも出てきました。ある分譲マンションでは、電力会社と連携をして、マンションで発電した電力全てを売る"全量売電サービス"と、そのマンション内の電力を一括で購入する"電力一括購入サービス"を合わせて約27%の電気代の削減が見込めるとしています。

 

 

 

そして、近年あらたな試みとしてでてきたのが、マンションの屋根に設置したパネルを各家庭に直接つなぎ、その家庭内で電力が使える『戸別売電方式』を取り入れたマンションです。

 

 

 

ある分譲マンションでは、マンションの屋上に一戸あたり、6枚のソーラーパネルを設置し、空気熱を利用しお湯を沸かす最新のエコキュートを併用したところ、年間の光熱費を約61%削減することができるそうです。

 

 

 

更に、余った電力は電力会社が買い取る売電収入もあるそうです。これは、あくまでも試算なので、各家庭によって誤差は生じると思いますが、これだけの光熱費の削減はマンションを選ぶ際にとても魅力に感じるものではないでしょうか。

 

 

太陽光発電は戸建てのものと思われていましたが、年々マンションへの設置件数も増えております。毎月の光熱費の削減や、非常時の電源確保に太陽光発電はとても役立つと思いますので、マンションを選ぶ際には太陽光発電が導入されているかも十分検討材料になると思います。