売電価格の推移とこれからの動向

MENU

 

太陽光パネルに関心を持ってるけど、何から手を付けていいのかわからない。高い買い物だから失敗したくない。そんなあなたにおすすめなのが『グリーンエネルギーナビ』一括見積もりサービスです。グリナビは最大5社から見積りが来て設置費用の相場を比較できるから”安心”できます。自分の家に合った施工業者選びができます。ただの一括見積もりではない、家族にやさしいサービスなのです。


地球温暖化対策や、エネルギー資源の確保に必要だとされた再生可能エネルギー

 

 

太陽光発電も再生可能エネルギーの一つになります。

 

売電制度』は、一般家庭への導入促進を目的として、2009年11月に、
それまで24円の売電価格が実に倍となる48円で10年間固定という形でスタートいたしました。

 

 

対象者は2009年に太陽光発電を導入した住宅はもちろんながら、
それまでに導入した住宅にも適用されました。

 

 

この頃の太陽光発電は今より高価ながら、売電価格の値上がりと、
国の補助金が受けられるというメリットがあり、次々と導入されていきました。

 

 

消費者の購買意欲が高くなると、次にメーカーサイドの価格競争、技術開発が活発になります。
これによってますます太陽光の導入率が上がっていきました。

 

 

もちろんこれが『売電制度』の目的です。

 

 

普及が拡大されていけば、いつまでも高い売電価格にしておく必要はありません。
それどころか、いつまでも高いままだと大問題なんです。

 

 

ところで、売電収入はどこから捻出されているかご存知ですか。

 

 

実は、電気料金の支払いをしている国民全員なんです。

 

『電気料金のお知らせ』を隅々まで見渡すと書いてあります。
電力会社によって明記の仕方が違っておりますが "太陽光促進賦課金" がそれに当たります。

 

 

どうでしょう。
いつまでも高いままだと電気料金がどんどん値上がりしていくのが目に見えてきますよね。

 

 

売電価格の推移は年々緩やかに下降しております。
10年の固定買取に変更はありませんが、2009年スタート時の48円から2011年には42円に、
その後、2013年に38円、今年2014年は37円になりました。

 

 

売電価格が下がったり、補助金がなくなったりとメリットがあまり感じられないかもしれませんが、
そうでもありません。

 

 

近年の太陽光発電の普及に伴い、太陽光市場へ乗り出してきたメーカーが多数出現したため、
価格競争がおこり、年々太陽光発電の価格は安くなってきています。

 

 

また、各社技術開発もめまぐるしく進歩し、年々制度の良い物が出てきております。
売電価格は下がっていきますが、より良いものが安く買えるとあれば、検討する余地もあるのだと思います。

 

 

あなたはどう思われますか?