太陽光の売電収入で年間15万円の副収入生活

MENU

まったくの知識0(ゼロ)からのスタート

はじめまして。サイト運営者の「TOMO」といいます。僕は35歳で自分のマイホームを建てました。サラリーマンをしながら、お給料も少なく悩みに悩んだ結果、がんばって一戸建てを建てようと決断したのです。当初は、太陽光パネルのことは一切考えていませんでした。住宅ローンの打ち合わせをしている中で、相手の方が僕に聞いたのです。「太陽光パネルは付けられますか?」。この時でした。一瞬「うーん」と迷ってしまったのです。そのときは全くもって太陽光パネルのことを知らなかった僕は、即答できるわけもなく、その場を凌(しの)ぎました。太陽光パネルのことについて、「まったくの知識0状態」でしたね。でも逆に、そのことがきっかけで、太陽光パネルについて奥さんといろいろ調べるきっかけになりました。無知なことはいいですね。たくさんの疑問が湧いてきます。それこそ、ネットで調べたり、本屋に行ったり、会社の同僚や先輩にそれとなく話を聴いたり。最終的にはプロの施工業者にも個人的に話を聞きに行きました。そんな知識ゼロの世界からスタートしたのです。

 

売電収入の実績を見る

売電価格の推移とこれからの動向を見る

 

3千万もの住宅ローン、さらに太陽光パネルの導入

結果的に僕は、太陽光パネルを導入することにしました。家だけでも3千万近くのローンを組み、さらに太陽光パネルの設置費用として230万をプラスしたわけです。家のローンで3千万あったので、ソーラーパネルの200万くらいは「別にいいじゃん!」という思いがあったかもしれません。

 

一戸建てを建てたのは、平成24年でまだ売電価格も保証されていた時期だったというのもあります。僕は”導入する”といった決断を下したわけですが、周りの人の反応は賛否両論でした。「今無理しなくても、あとでつければいいじゃん」とか、「もう少し待てばもっと安くなるのに」という意見もあったり。そうですよね。金銭感覚がマヒしてしまった僕と比べ、周りは至って冷静なわけです。おっしゃる通りだとも思いました。僕もわからないまま、導入に踏み込んだわけでもありません。建設予定地で日射量シミュレーションを行い、本当にその場所で太陽光パネルの効果があるのか調べたり、パネル設置後の売電収入の計算をしてみたり、あの手この手を尽くしているのです。家電量販店などにも足を運び、どんなパネルが良いのかパネルメーカー選びについても詳しくなっていました。そこで、”効果がある”、”利回りが良い”と判断したのです。

 

”太陽光パネル”と”投資”という関係

あなたは”利回り”という言葉をご存知でしょうか?突然何の話?と思われたかもしれませんが、実はこの”利回り”こそ、太陽光パネルを導入した最大の理由なんです。利回りというのは、もともと不動産用語みたいです。例えば、不動産経営をされている方ならご存知だと思いますが、物件の価格に対して家賃収入がどれだけ入ってくるのかを見るときに、この”利回り”という言葉が出てきます。家賃収入が途切れることなく入ってくればいいわけです。最初に購入した物件価格は初期費用としてかかりますが、家賃収入がそれを上回れば、その後はずっと利益になるわけです。なので、いかに良い立地条件でマンションなどを建てて次々と人が入れ替り立ち替わり入れば利回りとしては良いわけですね。

 

それが、太陽光パネルの場合は、100%に限りなく近くなるわけです。アパートやマンション経営などは、人の入れ替わりによって利益が左右される可能性があります。でも、太陽光パネルの場合では、はじめにチェックポイントを確認して、太陽の光を極力遮らなければいいのです。あとは晴れて太陽さえ出ていれば、勝手に発電してくれます。天気が晴れた日であれば、確実に電力を作ってくれるのです。太陽光パネルが電力を作れば、電力会社に発電した電力を売れる(売電して収入を得る)わけですから、そこで収益が発生するわけです。太陽光パネルが、「最も確実な投資」と言われる所以はここにあるのです。この事実を知ったとき、僕の中で230万という費用は、費用であって費用でない、確実性のある投資であると認識が変わったのです。

 

太陽光パネル費用回収と利回り計算とはを見る

10年以内に設置費用が回収できるかを見る

 

太陽光パネルへのこだわり、失敗談

でも、やっぱり200万というお金は、そう簡単には出せない金額です。誰だって慎重になります。パネルを設置しても売電してプラスにならなければ、単に住宅ローンの返済年数が増えてしまう結果になったり、月々の返済額が増えてしまう結果につながってしまうのですからね。では、どういったところを抑えて、導入に踏み込んだのかをご紹介します。結局、この部分を怠ると、あとで痛い目に合ってしまうと思います。

 

ここだけはしっかり押さえておきたいポイント

 

絶対に後悔したくないひとはこちらもチェック

(失敗した経験をもとに)

 

ここであえて僕の失敗談として、どうしても押さえておきたいポイントがあります。それは、”パネルの相場”です。僕の場合は、ちょっと特殊な例で、家の建築は設計から施工会社まですべて身内にお願いしました。日射量シミュレーション、利回り計算、パネルメーカー選びまでは自分たちでやったのですが、どうしても身内だとあれもこれもと頼みづらいという環境でした。なので、費用の合見積りも取りませんでしたし、施工会社も身内が選んだ施工会社に決まっていました。さらに、太陽光パネルの相場の価格を知らなかった僕は、あとで容量の割には値段が高いことに気づいたのです。気づいたときには後の祭りだったのです。この失敗がなければ、もっと容量を増やせただろうし、費用も数十万は安くできただろうと思います。

このサイトの目的と理念

このサイトでは、僕の太陽光パネルの導入に関して、調べた情報を提供していきます。もっとも重要視していることは、あなたの太陽光パネルの導入を手助けしたい!ここがポイントとなります。太陽光パネルは一番手堅い投資と解釈できた僕が、あなたにもおすすめしたい理由はそこにあります。初期費用が単なる自宅の節電に繋がるだけでなく、将来的には利益として還元される、そんな喜びを味わって欲しいと思うのです。だから、これまで調べてきてわかったこと、自身の失敗談などを余すことなく紹介していこうと思います。疑問な点やわからないことがありましたら、どしどしコメントいただければと思います。全力で回答していこうと思います。

サイト管理人のプロフィール

35歳で念願の一戸建てを購入。同時に4kWの容量の太陽光パネルも屋根に設置しました。はじめは不安ばかりでしたが、着実に節電ができることに喜びを感じています。天気が晴れただけで貯金箱にお金が貯まる、そんな喜びをあなたにも味わってもらいたいと思います。子供も一緒になって発電グラフを見て喜んでいますよ。平成25年には、節電して浮いたお金でディズニーへ遊びに行ったこともあります。念願のディズニーランドホテルに宿泊できました。「晴れている日は自然と貯金ができる」そんな毎日をあなたにも送っていただきたいと思います。

 

サイト管理人のプロフィールを見る